お客に喜びと感動を与えて繁盛する函館の名物飲食店チェーン・「ラッキーピエロ」(その4:メニューの説明も、ストーリー性を折込む)

参照:「ラッキーピエロ」 http://www.luckypierrot.jp/index.html
    テレビ東京「WBS」2012年11月23日 放送
 
 
「ラッキーピエロ」では、年に一度、お客からアイディアを募って商品化しています。
 
特製生ベーコンを乗せたスペシャル生ベーコンエッグバーガー@480円や、揚げたての帆立を挟む土方歳三帆立バーガー@380円は、定番メニューになりました。
 

         


函館で戦死し、男のロマンをつらぬいた土方歳三の名前を冠したのも面白いアイディアで、
「よし、食べて見よう!」とお客に思わせる素晴らしいネーミングです。


  
お客の要望に応えるうちに、カレーやオムライス、ケーキ等、メニューは約140種類になっています。
 
メニューの説明も、単なる商品内容の説明にとどまらず、
ストーリー性を折込み、読むだけでも楽しめる、
大手にない親しみを感じさせるものになっています。

 

 
 

  
メニューの説明は小さな事かもしれませんが、
後述する店作りの工夫など、
一つ一つの小さな積み重ねが全体として大きな要素となって、
「ラッキーピエロ」のブランド力となり、ファンを増やしているのではないでしょうか。

 
(続く)


お客に喜びと感動を与えて繁盛する函館の名物飲食店チェーン・「ラッキーピエロ」(その5)


前回を読む

お客に喜びと感動を与えて繁盛する函館の名物飲食店チェーン・「ラッキーピエロ」(その3:王一郎「私どもは省み客の身体に良い物を提供したい」)