海外の大学入学を目指す高校生が増えています

参照:NHKけさのニュース 2012年4月10日
 
東京大学の秋入学や企業のグローバル人材の採用拡大など国際化がキーワードとなる中、高校生の間に日本の大学に入らず海外の大学に進む動きが広がっていますが、非常に興味深い報道がありましたのでその概略を紹介します。
報道は、高校生がなぜ初めから海外を選ぶのか、新たな動きの実態と背景を伝えています。
 
 
大手の通信教育会社(ベネッセコーポレーション)が行っている海外進学の為の授業で、対象は中学3年から高校3年生です。

        
  『TOEFL(トフル)』の対策や英語の論文の書き方を学びます。
今年、この会社のサポートを受けて海外の大学に進む高校生は135人、昨年の25人から5倍以上、急増しました。
高校2年の女生徒
『(日本の大学では)就職率もそんなに良くなっていない。それを考えると海外(進学)も視野に入ってきます。』
高校1年の男子
『国際社会に貢献するような仕事に就きたいと思っていて、東大とかの勉強だけでは海外では戦っていけないなあと思って』
ベネッセコーポレーション海外進学支援課藤井雅徳課長
『日本の大学に進学して日本の企業に就職して、そのまま日本で生きていくという将来設計が難しいと、早慶上智あたりを考えている子供たち・保護者の方が海外の大学を考える割合は高まっています』
 
今春、鹿児島の高校を卒業し、アメリカの大学へ進学を決めたAさん、インターネットを使った海外進学の授業を利用し、地方に居ながら第一志望のアメリカの大学への切符を手に入れました。
    
進学するのはウイスコンシン州立大学マディソン校。ノーベル賞受賞者を18人も輩出する名門校です。世界大学ランキング2011‐2012(Times Higher Education)で30位の東京大学より上位の27位です。
    
Aさん
『日本で最高峰の大学よりも良い教育が受けられるのかなあと期待しています』
『日本の大学の私のイメージは、大きな講堂で皆で一緒に勉強して、サークルとかバイトとかに明け暮れたり、そして3年生になったら一斉に就活っていう形だったので、私が大学生という時間の中でしたいこととは一寸、違うかなと思って』
自ら、毎年100万円の奨学金を貰う見通しをつけたAさんの決断を両親も後押ししました。
父親
『東京の大学に行かせた時の生活費と較べてもそんなに大きな差がある訳じゃあない。メリットを考えれば、海外に行かせてもいいと思った。』
 
高校でも海外進学を支援する動きが出始めています。
大学進学率が新潟県でもトップクラスの公立『新潟県立国際情報高校』では“生徒の将来にメリットがある”として来年、『海外大学進学コース』を設置する事を目指しています。
新潟県立国際情報高校・平田正樹 校長
『いま、大卒の新入社員の枠が少し減らされている中でも、グローバル人材は別枠で採ろうという動きが随分ある訳です。グローバル人材の育成の一つの手段として、海外の大学に行きたいという子供たちを支援するコースを設置したいなあと』
この高校では、これまで東京など、県外に行かないと受けられなかったTOEFLの試験も学校で受験できるようにしました。英語の授業もより実践的にする為、外国人教員を県内で最も多い3人を配置しています。
 
Aさんは大学を卒業した後も日本に帰らず、海外で就職をすることを目指しています。
 
専門家は、高校生の選択の背景に日本の大学教育の課題があると指摘しています。
『高校を卒業する段階で日本から優秀な人材がどんどん海外に出ていって、日本で働くことも無いし、日本の為にビジネスをすることもない、という事につながります。一番大きな課題を突き付けられているのは大学だと思います。大学はいかにして優秀な人材を惹(ひ)きつけるのか、授業を教育として魅力的で中身の濃いものにしていく為にはどうしたらいいのか取り組まなくてはいけない。』
 
⇒参照:編集室便り4月12日



2012年6月12日追記
日本国内で、「すべてを英語で学び、英語で考える授業」を実践して国際人を育成している公立大学があります。
⇒ 超就職氷河期に就職率100%を誇る大学がある!公立「国際教養大学」